タブレット端末を業務用デバイスとして一括導入する法人が増えつつあります。オフィスのIT化とグローバル化が進行する今、日本の法人も時代へと適応が求められています。会議の場でもタブレット端末は大活躍します。紙とペンだけに依存した会議ではフレキシブルなコミュニケーションが出来ません。手元に各々が独自にタブレットを携えていれば、それをノートブックのように互いに見せる事でホットなコミュニケーションが交わせます。白黒だけのコピー用紙や既存のノートとは違い、デジタル機器であればフルカラーで作成された各々のファイルが見られます。会議に参加する各スタッフが独自に作成したグラフやプレゼン資料をお互いに見せ合う事が出来るため、社内の情報交換が捗ります。ノートパソコンでも近い事は可能です。しかし、ノートパソコンは値段が高く、またキーボードが付属しているため、携帯性の面で劣ります。またバッテリの持ち時間が案外少なめです。タブレットであれば、一度フルに充電すれば、半日から一日は安心して使えますので、大事な会議中に無残にバッテリ切れを起こす事はありません。またタッチ操作でサクサク画面を動かせます。ノートパソコンだとキーボードや有線ケーブルが必要になる等、案外利便性が発揮出来ません。法人向けのタブレットレンタルサービスもあります。本格的に導入したいが、まずは先に職場での使用感を試したい、という方はレンタルで様子見をするのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です